ある夜のスタンドと彼氏の親友とのフックアップ

時々わからない、悔い改めるか、思い出を楽しむべきです。 この絶え間ない戦いは私を夜に目覚めさせます。 今はまだ彼氏と向き合わない。 彼がとても無実であるというだけで、私が彼をだましていることに気付いた場合、彼がどのように反応するかわかりません。 はい、私は彼をだましました。 それも彼の親友と。 でも状況はそうだったので、倒れざるを得ませんでした。 彼氏の親友とのつながりについてのこの経験。

これは週末のパーティーの話です。 私のボーイフレンドのルイと私と私たちの友人のグループは、クリスの家で深夜のパーティーに行きました。

私は彼の初日にインタビュイーを犯した-フックアップ告白

私は42歳の男性で、ソフトウェア会社でHRとして働いています。 それで先週、私は女性にインタビューする予定でした。 私の同僚の一人がそれを勧めました。 彼女は彼女の肌に完璧な量の日焼けをしたこの美しいブルネットの女性でした。 彼女は、黒のハイヒールが付いた灰色のペンシルスカートに押し込まれたオフホワイトのフォーマルシャツを着ていました。 彼女は自信のある若い女性のようでした。 これは、私がインタビュイーを初日にどのように犯したかについての私のフックアップ告白です。

私は彼女に20分ほどインタビューしました。 彼女はその仕事にぴったりでしたが、私の心は汚いと思い始めていました。 ランチタイムでもありました。

どうやってジゴロと最高のセックスをしたのか

私はオンラインデートを信じたことはありません。 しかし、彼女はかなり長い間独身でした。 それで、友人が私を叱り、私をだましてサイトの1つにサインアップさせました。 私はそれをほぼ8日間使用しませんでした。 しかし、それは週末であり、彼には計画がありませんでした。 なので、何か面白いことがあれば出会い系サイトをチェックしてみようと思いました。 私はいくつかのかなり良いオプションを発見し、それらと接続しても害はないと考えました。 私が行くことを私はほとんど知りませんでした 何かクレイジーな体験をする そして最高のセックスをすることになったが、それは結局劇的だった。

ストリッパーとセックスすることになった経緯

その年の夏の間は通常の金曜日でした。 私の友人と私は、それを運営していた5人のストリッパーで有名な街から遠く離れたストリップクラブに行くことにしました。 ストリップクラブは、少年たちがダンスやストリップショーに取り入れたさまざまなテーマで非常に人気がありました。 私は彼らの写真を見たことがありませんでしたが、私はこれらのストリッパーについてたくさん聞いていました。 私は男性のストリップクラブに行ったことがなかったので、このストリップクラブを訪れることに興奮しました。 私の夢の中で、ストリップクラブで初めてストリッパーとセックスすることになるとは思いませんでした。 クラブに着くと、群衆は女性でいっぱいで、何人かのゲイの男性は短い変態の服を着ていました。

ライトが消えると、ストリッパーは消防士の衣装に登場し、ストリップショーを始めました。 彼らは観客の前に座っていた女性たちに近づき、ボクサーだけを着てゆっくりとそれぞれの衣服を脱ぎ捨てながら、完璧に踊りました。 私たちが彼女の下着にいくらかのお金を稼ぐことができるように、聴衆の中に座っているすべての女性に近づくのが彼女の習慣でした。

ロンドンでのセックスを通じて男性がストレスを解消するのをどのように支援するか

私はロンドンの37歳の護衛であるアリシャです。エロティシズムで私の物語を書いています。 私はこのサイトでたくさんの物語を読み、私も自分で書くと思いました。 私は自分の職業を誇りに思っており、それについて率直に話すのが大好きです。 その理由は、お金を稼ぎ、自分自身に満足するだけでなく、社会奉仕をすることができる職業だからです。 あなたは自問するでしょう、高位の護衛はどのような社会的サービスを提供することができますか? さて、私は男性が私と一緒にいるとき、セックスを通して彼らのストレスを解放し、再び幸せを見つけるのを助けます。

ロンドンのハンサムな男性にいつも惹かれていることに気づいたのは18歳の時でした。 私より20歳年上のこのハンサムな男に会ったとき、この考えが浮かびました、そして彼は提案しました 出会い系アプリで私に追いつく