私は彼の初日にインタビュイーを犯した-フックアップ告白

私は42歳の男性で、ソフトウェア会社でHRとして働いています。 それで先週、私は女性にインタビューする予定でした。 私の同僚の一人がそれを勧めました。 彼女は彼女の肌に完璧な量の日焼けをしたこの美しいブルネットの女性でした。 彼女は、黒のハイヒールが付いた灰色のペンシルスカートに押し込まれたオフホワイトのフォーマルシャツを着ていました。 彼女は自信のある若い女性のようでした。 これは、私がインタビュイーを初日にどのように犯したかについての私のフックアップ告白です。

私は彼女に20分ほどインタビューしました。 彼女はその仕事にぴったりでしたが、私の心は汚いと思い始めていました。 ランチタイムでもありました。

電話セックスが私の隣人との激しい性的経験に変わったとき

こんにちは、みんな。 私の名前はエマです。普段は恥ずかしがり屋の女の子です。 私は最近、仕事のために両親から離れてこの新しい場所に引っ越しました、そして私は当時非常に孤独を感じました。 私は私の関係で悪い経験をしたので、私はしばらくの間誰とも出かけないことに決めました。 私はいつも他のことをするのに忙しくしていて、それは私を幸せで満足させました。 彼は誰かとたむろしたり、カジュアルな関係を持ったりするタイプの人ではありませんでした。 これは、私が一般的に人々の周りで非常に恥ずかしがり屋であったためでした。 私の人生の退屈と戦うために、私はオンラインで友達に目を向け、オンラインで見知らぬ人と話をしていました。 すぐにこれが私の人生に激しい性的経験をもたらすことになることを私はほとんど知りませんでした。

私は自分をロックと呼んでいるオンラインの友達のアプリでこの見知らぬ人と話していました。

ロンドンでのセックスを通じて男性がストレスを解消するのをどのように支援するか

私はロンドンの37歳の護衛であるアリシャです。エロティシズムで私の物語を書いています。 私はこのサイトでたくさんの物語を読み、私も自分で書くと思いました。 私は自分の職業を誇りに思っており、それについて率直に話すのが大好きです。 その理由は、お金を稼ぎ、自分自身に満足するだけでなく、社会奉仕をすることができる職業だからです。 あなたは自問するでしょう、高位の護衛はどのような社会的サービスを提供することができますか? さて、私は男性が私と一緒にいるとき、セックスを通して彼らのストレスを解放し、再び幸せを見つけるのを助けます。

ロンドンのハンサムな男性にいつも惹かれていることに気づいたのは18歳の時でした。 私より20歳年上のこのハンサムな男に会ったとき、この考えが浮かびました、そして彼は提案しました 出会い系アプリで私に追いつく

ある夜のスタンドがオープンビーチで私を犯したとき

ダリルは私のはずだった ある夜立っている、しかし代わりに彼は人里離れたビーチで再び私とセックスすることに喜びを感じました。 それは彼がこれを非難した魅力でした。 前の晩に会いましたが、彼が救急治療を受けたので性交できませんでした…ええ、彼は彼のペニスを持ち上げることができませんでした。 私は笑って笑った。 しかし、先日、私がビーチでのんびりしているときに、彼は私を見つけました。 それは彼がオープンビーチで私をどのように犯したかについての私の話です!

彼は地元の湖のビーチに行っていました、そしてそれは比較的空でした。 平日だったので、誰もいないと思いました。