ホットな同僚のマンシとのセックス

国際的な企業のプロジェクトマネージャーとしてドバイに引っ越してから数年になります。 同社には少数の従業員がおり、その多くはインド出身です。 マンシはそれらの数少ない人々の一人でした。 彼女は2017年にソフトウェア開発者としてオフィスに加わり、この事件は3か月後に発生しました。 彼女は彼女の仕事のためではなく、彼女の完全に曲がりくねった体のためにオフィスの人気のあるシックでした。 彼女の胸とお尻は完璧な形で、彼女が黒いチューリップのドレスを着るたびに、オフィスで男性に不快な勃起を与えました。 誰もが欲しがっていた完璧で魅力的な同僚。

ある日、私がいつものカプチーノを喫茶店で飲んでいると、彼がやって来て私の隣に座って会話を始めました。 私はその絶好の機会を利用して冗談を言い、彼女の外見をほめ、賢明な服を着て、彼女を感動させるために石を残しませんでした。 喜んで、それはうまくいきました!

彼女の通知期間中にオフィスの同僚とのロマンス

新しい仕事での最初の日でした。 3月の月曜日で、外はとても暑かったです。 私は早朝に準備をし、すべての書類を集めてオフィスに到着しました。 人材育成の女性が私を歓迎し、私をオフィスに連れて行き、そこで私たちはオンボーディングの事務処理を完了しました。 私はジェシカ(名前が変わった)です。オフィスの同僚とロマンスの本当の経験を共有しようとしています。 これは長い話になりますが、最後まで読んでください。

オンボーディングの事務処理を完了した後、HumanResourcesは私のマネージャーとチームを紹介してくれました。 その後、マネージャーがキャビンでロンを紹介してくれました。 彼はすでに辞任しており、通知期間を務めていたので、私は彼を交代させることになっていた。 私のマネージャーは、彼が残りの日にロンと一緒に働くつもりであると私に説明しました。

公式旅行中に成熟した上司を犯した

私の上司は30代半ばで、非常に厳しい女性でした。 彼はオフィスの誰にとっても人生を困難にしていた。 私たちは皆彼女にうんざりしていて、すぐに彼女に対処する方法を見つけていました。 プレゼンテーションとクライアントミーティングのために彼女と一緒に旅行しなければならないことに気付いたので、次の週は私にとってさえひどいものでした。 私はKartikで、最近新しい仕事に転向しました。 私は27歳で、ソフトウェアデザイナーです。 私は独身で、ほとんどの日一人で走っています。 旅行は私にエキサイティングな楽しみをもたらすつもりでした、そして私は私の成熟した上司をどのように犯したかについての私の話を語るつもりです。

目的地に着陸し、それぞれの部屋にチェックインします。 翌日セミナーが始まったその夜、私たちは自由でした。

セクシーなオフィスの同僚と出かけて、すごいセックスをしました

それは通常のオフィスの同僚がするように始まり、一緒に働き、時には一緒に昼食をとるか何かをします。 それはただの専門家の関係のようなものでした。 説明するのを忘れました。 Nayshaです。24歳。 彼女は私たちのオフィスで最も魅力的な女の子の一人でした。 彼女は完璧な資産を持っていて、彼女の姿を非常によく維持していました。 いつの日かセクシーなオフィスの同僚と付き合ってしまうことを私はほとんど知りませんでした!

私が彼女の周りにいたので、多くの人が私に嫉妬しました。 彼は私と彼のすべての問題について話し合っていました、そして会話は徐々に快適ゾーンに変わりました。 彼は私が彼の上司との論争をより高いレベルにエスカレートしたことを知るようになりました。

仕事不足による昔の上司との情事–セックス告白-9

私は上司と付き合っています。 私は彼をとても愛しています。 それは型破りな関係です。 私は古い上司と浮気をしている。 彼は69歳で、私は20歳です。数年前、私はフィンテック企業に加わりました。 芸術を専攻した新入生にとって、自分の分野で仕事を見つけるのは困難でした。 友人が私にこの会社でのインターンシップを勧めてくれました。 会社のマネージングパートナーであり、将来の上司であるフランシスに会いに来ました。

フランシスはタフな性格の老人でした。 それは私の祖父を思い出させました。

上司がオフィスの机で私を犯した夜

私は上司にとても恋をしていました。 彼は35歳でとてもハンサムだったので、彼のタイトなスーツを着ているのを見たとき、私はほとんど唾を吐きました。 彼はただの臨時雇用者であり、彼のパートナーの1人を補佐していましたが、私が彼に会った日以来、私は彼を頭から離れることができませんでした。 すぐにすべてが変わり、ある夜、上司が私を犯しました。

ある日、私は早くオフィスに来て、彼が入ってくるのを見ました。 それは私が彼と話し、彼とイチャイチャしようとした最初の日でした。 彼は私の試みにただ微笑んだ。 私の神、彼女の緑色の目、そしてその塩とコショウの髪は私の没落でした。 手に入れることができれば。 ジェレミー:上司は独身で、彼のペニスはかなり寛大なサイズであると噂されていました。

彼のキャビンで私の熱い上司との関係

私は最近別の都市に引っ越して、大手人材会社の責任者の個人秘書として働き始めました。 私の仕事は、作業スペースを共有している間、上司とほぼ12時間滞在することでした。 上司は30代前半で、仕事以外にはあまり興味を示さなかった独身者として広く知られています。 彼は非常に背が高く、暗く、ハンサムでセクシーで、筋肉が曲がっていて胸が細いので、彼の地位と体格の男性が一人でいるのは珍しいことでした。 私は5フィート2インチで、彼の身長はほぼ6フィートでした。 これは、オフィスの勤務時間中に彼のキャビンで私の角質の上司との私のかつての事件の話です。

私は、感情的な愛着のない人に感情を抱かせるタイプの人ではありませんでした。 しかし、彼とは、それは非常に異なっていました。 私はただ彼に触れ、彼の唇を感じ、そして彼の体を私の上に感じたかったのです。 私は仕事をしている間、そのような汚いことについてしばしば空想にふけっていました。