エッチな上司のせいで初めての昇進

初めての会社に入社して1年。 私は他の新参者と同じように、自分の仕事に過度に献身的で熱心でした。 一番良かったのは、一生懸命働いた結果、自分が信じていたことがすぐに上司の目に留まったことです。 彼はいつも私の労働倫理と効率性をあらゆる機会に賞賛し、評価していました. より良い仕事やより良い上司を求めることはできませんでした。 唯一気になったのは、私が受けた注目に他の女性同僚がどのように反応したかということでした。 彼らはプロとしての礼儀正しさを保っていましたが、フレイジャー氏 (私の上司) が私をほめたたえるたびに、横目で見たりにやにや笑ったりしていることに気付きました。 私は彼について、より良い言葉で言えば、エッチな上司としてもっと知ろうとしていました.

私の熱い先生

生物学部で新しい要件を知ったとき、大学の別の学期が本格化しました。 男性! およそ36D-30-40の曲線を持つ爆弾でした。 彼女は乳白色の肌の色合いをしていて、ローカットのトップスを着ていて、背中と裂け目を明らかにしました。つまり、完璧なセクシーな先生です。 この事件は、彼が法人化されてから1か月後に発生しました。 彼は前日の生物学の授業で疑問を抱き、キャンパス全体で彼女を探していました。 彼女は職員室にいると誰かが言ったので、私はそこに行って確認しました。 私は彼女のキュービクルへの半分の長さのドアの下で彼女の影を見て、想像を絶する状態にある彼女を見つけるためだけにそれを開けました。 彼女のブラウスはテーブルの上にあり、彼女はブラのフックを再び取り付けようとしていました。

私は彼女が苦労しているのを見て、彼女を助けるために行きました。

ホットな同僚のマンシとのセックス

国際的な企業のプロジェクトマネージャーとしてドバイに引っ越してから数年になります。 同社には少数の従業員がおり、その多くはインド出身です。 マンシはそれらの数少ない人々の一人でした。 彼女は2017年にソフトウェア開発者としてオフィスに加わり、この事件は3か月後に発生しました。 彼女は彼女の仕事のためではなく、彼女の完全に曲がりくねった体のためにオフィスの人気のあるシックでした。 彼女の胸とお尻は完璧な形で、彼女が黒いチューリップのドレスを着るたびに、オフィスで男性に不快な勃起を与えました。 誰もが欲しがっていた完璧で魅力的な同僚。

ある日、私がいつものカプチーノを喫茶店で飲んでいると、彼がやって来て私の隣に座って会話を始めました。 私はその絶好の機会を利用して冗談を言い、彼女の外見をほめ、賢明な服を着て、彼女を感動させるために石を残しませんでした。 喜んで、それはうまくいきました!

彼女の通知期間中にオフィスの同僚とのロマンス

新しい仕事での最初の日でした。 3月の月曜日で、外はとても暑かったです。 私は早朝に準備をし、すべての書類を集めてオフィスに到着しました。 人材育成の女性が私を歓迎し、私をオフィスに連れて行き、そこで私たちはオンボーディングの事務処理を完了しました。 私はジェシカ(名前が変わった)です。オフィスの同僚とロマンスの本当の経験を共有しようとしています。 これは長い話になりますが、最後まで読んでください。

オンボーディングの事務処理を完了した後、HumanResourcesは私のマネージャーとチームを紹介してくれました。 その後、マネージャーがキャビンでロンを紹介してくれました。 彼はすでに辞任しており、通知期間を務めていたので、私は彼を交代させることになっていた。 私のマネージャーは、彼が残りの日にロンと一緒に働くつもりであると私に説明しました。

恋愛とオフィスの同僚とのセックス– II

これは私の話の2番目の部分です- 彼女の通知期間中にオフィスの同僚とのロマンス

当初、私はロンとの専門的な関係を超えて何かをするつもりはなく、私の専門的なキャリアを危険にさらすので、オフィスの同僚とセックスする予定はありませんでした。 しかし、少しずつ交流を始め、親密になりました。 そして、彼の代わりに、私はすべての限界を超えていました。 その瞬間、私は自分の体に欲望と愛を注ぐことができる水でいっぱいのように見えました。 彼のタッチ、肉体、情熱的なキスは、私を暖かさと美しさの女王、恥知らずに彼女の王に降伏させた女王のように感じさせました。 彼のキスは私の背中の上部から下部に行き、それから彼は私の腰に触れて私にかがむように頼んだ。 私は従いました。彼は私の腰からお尻の部分に指を動かし、私の赤いレースのパンティーと一緒に私のズボンを下ろしました。

今、私は裸で、私の最も脆弱な状態で彼の前にいました!

恐喝されて先生からフェラを受けました

これは私が最初に発表した物語であり、私が遭遇した実際の事件です。 私はデイブです。18歳で、カリフォルニア出身です。 ミスロジンは 最高の教師 学校全体。 11歳と12歳の少年を忘れて、男性スタッフでさえそれを試してみたかったのです。 彼女は私たちの歴史の先生でした、そして、平均以上の学生であったので、私は夏休みの後の新しい学期の最初の週の直後に彼女の良い本に入りました。 やがて、学校全体の本当の女王である先生からのフェラを体験することになりました。

彼らの男の子のロバ、おっぱい、そしてボンバーを際立たせたのは彼らのタイトなチューリップドレスでした。 ある晴れた日、私たちの学校でマジックショーが開催されました。

セクシーなオフィスの同僚と出かけて、すごいセックスをしました

それは通常のオフィスの同僚がするように始まり、一緒に働き、時には一緒に昼食をとるか何かをします。 それはただの専門家の関係のようなものでした。 説明するのを忘れました。 Nayshaです。24歳。 彼女は私たちのオフィスで最も魅力的な女の子の一人でした。 彼女は完璧な資産を持っていて、彼女の姿を非常によく維持していました。 いつの日かセクシーなオフィスの同僚と付き合ってしまうことを私はほとんど知りませんでした!

私が彼女の周りにいたので、多くの人が私に嫉妬しました。 彼は私と彼のすべての問題について話し合っていました、そして会話は徐々に快適ゾーンに変わりました。 彼は私が彼の上司との論争をより高いレベルにエスカレートしたことを知るようになりました。

上司の息子とのエッチな事件がオフィスセックスにつながった

その日、エイドリアンがオフィスに来て、私はいつものようにキャビンで働いていました。 彼は私の上司の息子でとてもハンサムでした。 彼は最近私に目を向けていました、そして私は彼の魅力に免疫がありませんでした。 ある日、彼は私のところに来て、オフィスで私を性交するように頼みました。 私はプロではないと言って否定しました。 「少なくとも私にあなたを喜ばせてくれませんか?」 彼は尋ねました、そして私はノーとは言えませんでした。 私は彼に惹かれましたが、上司の息子とエッチな関係を築くことができるかどうかはわかりませんでした。

私は彼の前に立っていました、私のスカートは私の腰の周りに集まっていました。 彼は私の後ろにひざまずき、そこで私にキスをするために私のひだを分けました。

私のパーソナルトレーナーとの魅力とセックス

私はフィットネスインストラクター、技術的には私の先生に夢中になりました。 私はいつも彼の体格に惹かれ、すぐにそれを探求し、私のパーソナルトレーナーとセックスする機会がありました。 しかし、彼は私の年齢に近く、私は彼からパーソナルトレーニングを受けていました。 その日は普通に始まりました。 私はスポーツブラとショーツに着替えて、走りに行きました。 私は疲れていて、息をのむために数分間立ち止まりました。

その時間を利用して、少しおしゃべりしたり笑ったりします。 それから突然彼は私の顔をつかみ、口で私にキスをしました。 私は最初は抵抗しましたが、彼のしつこい口は成功し、私は彼にキスをしました。 私の手は彼の髪の毛を通り抜け、私は彼が接触でうめき声を上げるのを聞いた。

就職の面接で驚愕の性体験

忠誠心はあらゆる関係の基盤です。 あなたのパートナーとあなたが働く場所かどうか。 私は10年以上会社に忠実であり、今でもアシスタントマネージャーとして働いています。 ルーキーは私の上司としてチームに加わり、彼らが得るあらゆる機会に私をいじめようとします。 この組織で10年間過ごした後、私はプレゼンテーションのためではなく、先輩のために作ったコーヒーのおかげで、会議室のハイライトになりました。 彼らはカップを床に落とし、私がそれを拾うのを待つ機会を決して逃さないので、彼らは私のおっぱいやお尻を見ることができます。 私は多くの素晴らしい性的経験をしましたが、私が書いていることを大切にしているものがあります。

曲がりくねった体で生まれたら仕方ない。 私はサイズ38DD、ウエスト28です。新しい仕事を探していて、たくさんの面接をしました。 最近、広告代理店に行きました。