私は50歳の隣人とセックスをしました

私たちは最近、オンタリオ州の静かな小さな町に引っ越しました。 静かで退屈な場所です。 夫と私は、夫の職場に近いため、ここに引っ越すことを余儀なくされました。 私たちが落ち着くと、日々はほとんど単調なルーチンでした。 私は34歳のアメリアです。これは、50歳の隣人とセックスをした私の即興の冒険の1つの物語です。

引っ越してからほとんどいつも空っぽだった別の家が隣にありました。 私は1、2回ライトが点灯し、たまにたくましい男が通りかかっているのに気づきました。 毎日の家事をしている最悪の時期に窓を見つめているのを見つけたので、彼は独特の人でした。 彼に対する私の見方が永遠に変わることを私はほとんど知りませんでした。

ある特定の夜の後、物事は別の方向に進んだ。

学校の友達

ドアベルが鳴り、母の声が私を呼んでいるのが聞こえました。 階下の部屋に入るとすぐに、ブライアンがお母さんに優しく微笑んでいるのが見えました。 ブライアンは私の隣人であり、高校時代の私の愛でした。 彼は私に何か食べるものを手に入れるまで彼と付き合うように頼んだ。 彼女が去った後、彼女の目は私を見て、私は彼女を振り返った。 “あなたはここで何をしているの?” 冷たい声で言った。 「私はあなたに会いに来ました」と彼は答えました。 「さて、あなたが私を見たので、立ち去ってください!」 私はシューッという音を立てた。

公式旅行中に成熟した上司を犯した

私の上司は30代半ばで、非常に厳しい女性でした。 彼はオフィスの誰にとっても人生を困難にしていた。 私たちは皆彼女にうんざりしていて、すぐに彼女に対処する方法を見つけていました。 プレゼンテーションとクライアントミーティングのために彼女と一緒に旅行しなければならないことに気付いたので、次の週は私にとってさえひどいものでした。 私はKartikで、最近新しい仕事に転向しました。 私は27歳で、ソフトウェアデザイナーです。 私は独身で、ほとんどの日一人で走っています。 旅行は私にエキサイティングな楽しみをもたらすつもりでした、そして私は私の成熟した上司をどのように犯したかについての私の話を語るつもりです。

目的地に着陸し、それぞれの部屋にチェックインします。 翌日セミナーが始まったその夜、私たちは自由でした。

高校の私の成熟した先生との愛

教育には人生を変える力があります。 それは社会の認識を変え、進化にもっと適応できるようにすることができます。 進化は肉体的であるだけでなく精神的でもあります。 それは私たちを自然が何世代にもわたって提供しなければならないものに対してより受け入れやすくします。 これは、関係に細かく反映することができます。 カップル間の大きな年齢差がタブーだった時代は終わりました。 今日、それはトレンドです。 人々は彼らの魂と特徴のために、しかしお金のために年上の男性と恋に落ちます。 私は成熟した先生に恋をしています。

私は18歳で、42歳の男性が大好きです。彼は高校の私の先生です。

私のエッチなおばあちゃんと彼女の21歳の彼氏

グラミーは生涯冒険的な女性でした。 3人目の夫の死後、一人で子供を育てることから、孫を街中の自転車旅行に連れて行くことまで。 彼女はゲーマーとしても知られており、スーパーモデルと一緒にいちゃつく地元のバーで見られることもあれば、若い男の子と一緒にホテルに足を踏み入れることもありました。 それらの人の一人はアストンでした。 それは私の角質のおばあちゃんの最もホットな出会いの1つです。

21歳の時、大学からグラミー賞を訪ねました。 ルームメイトのアストンを連れて、南の暑さとグラミー賞の有名なブリスケットを楽しんだ。 私のグラミー賞は、ヨガのおかげで、彼女の年齢で驚くほど美しいものでした。 それで、アストンと私が家に入るとすぐに、彼は彼女に恋をしました。 孤児であるアストンは、年配の女性に愛を求めることがよくありました。

ある夜、友達の母親とお泊まり会で

アンドリューと友達になったときにダナに会いました。 彼女は独身のお母さんでしたが、とても暑かったです。 彼がセクシーだったので私は彼に惹かれました 方法熟女。 アンドリューは私の親友ではなく私の友人でしたが、それでも彼は友人でした。 しかし、ある夜、アンドリューズで寝ていたとき、友達のお母さんと一緒にそれを助けることができませんでした。

高校を卒業する予定だったので、パーティーを開くことにしました。 しかし、私たちは酔って家に帰りたくなかったので、アンドリューは彼の場所にとどまると申し出ました。 彼のお母さんはそれで大丈夫だったと彼は言った。

暑い夏の日に熟女を犯した

熟女との交際を初めて経験したとき、私は大学2年生でした。 高校生の時も大人の女性が好きで、惹かれていました。 熟女を犯したらどうなるかといつも思っていました。 私は細い女子高生が好きではありませんでした。 私は女性のお尻と胸が好きです。 女子高生は私のためにそれをしませんでした。 親友のお母さんにも惹かれました。アメリカンパイみたいですね。 私も知っています、それは私にも起こりました。 しかし、何も起こりませんでした。

今は大学2年生で、私はリトルリーグのコーチをするために自分の時間を自発的に申し出ていました、そしてそれは私がジャニスに会った時です。

妻と私が最大の喜びのためにロールプレイを始めたとき

メアリーと私は結婚して10年になります。 私たちは高校を卒業してすぐに結婚し、お互いを愛していましたが、性生活にはかなり退屈していました。 しかし、それから私たちはバニラセックスなしでそれを行う方法についてのアイデアを私たちに与えたウェブサイトに出くわしました。 そしてある日、私たちはからの休暇を計画しています 最大の喜びのためのロールプレイ

私は兵士で、彼女は物事を調べていたスパイでした。 それで、私たちは誰も何マイルもいない森の小屋を予約しました。 「だから、誰もあなたが喜んで叫ぶのを聞くことはないだろう」と彼は顔を赤らめながら彼女に言った。 しかし、起こったことは、会話をする時間がないほど暑かったり、変態だったりしました。

ビーチハウスで40歳の女性とセックス

私は夏休みにハンプトンズを訪れていました。 街の友達もみんなそこにいました。 彼はその休憩時間に独身だったので、主に読書と絵を描くことに時間を費やしました。 私はすべてのパーティーから休憩を取っていました。 しかし、友人のセレナは私にビーチ近くのパーティーの1つに行くことを強制しました。 彼女でさえ独身で、私が彼女のデートのようになりたいと思っていました。 でも、その話は私の友達の話ではありませんが、そこで出会った40歳の女性とセックスをしました。

彼女が私に参加するように頼んだとき、私は否定できませんでした。 テーマは白だったので、リネンのシャツを着て、面白い人に会えると期待していました。 パーティーはいつもの街の群衆でいっぱいでした。

成熟したダンスの先生を窓際で犯した

社交ダンスの基本を教えてくれる成熟したダンスの先生がいました。 私は母をダンスに連れて行く準備をしていて、いくつかのステップを学びたいと思っていました。 先生は私の隣人でもあり、私はレッスンのために夜に彼女の家に立ち寄りました。 これは私の実話であり、ダンス、情熱、セックスを中心に展開しています。 私は成熟したダンスの先生を犯して彼女を誘惑しました。 ある日の午後、干し草の中で熱いパンを食べました。

それは普通の日で、私は手順を学び、彼女と一緒に練習していました。 彼女は胸元が大きく開いた赤いベルベットのドレスを着て非常にセクシーに見えました。 私は彼がおっぱいに触れて遊んでみたいと思っていました。 私の目は彼女の胸にくっついていて、彼女は何度か気づきました。