夫と同居しながら元カレとセックス

兄弟との歴史がある場合、あなたができる最悪のことは、他の人と結婚することです. 困難な離婚からの困難な方法を学びました。 苦々しさには同情しますが、正直なところ、この数か月の卑劣で秘密の性的冒険は、私が今まで経験した中で最も刺激的な時間でした. Destinyには他の計画があり、元カレとセックスしてその瞬間を追体験することになりました。

ジョージと私は高校時代は恋人同士でしたが、大学で別れました。 ほぼ 7 年後、私は Geoffrey に出会い、すべてが即座にカチッと音を立てました。

家でおじさんとメイドさんの浮気を見ました。

私はいつも婚外の状態について聞いたり読んだりしてきましたが、数年前まで私の人生で実際の事件はありませんでした。 私はニキータです。23歳になりました。 この事件は私が19歳のときに起こりました。 父の兄である叔父がメイドさんと浮気をしているのを偶然目撃しました。 それがいつ始まったのか、そしてその理由はわかりません。 私の叔母はかわいくてセクシーで、すべての人の夢精でした。 それでも私の叔父は私たちのメイドに性的に惹かれていました。 私たちの家は、兄弟ごとに1つずつ、3つのフロアがある巨大な家でした。

各家族は自分たちのニーズに対応し、自分たちのメイドや他の人々が彼らのために働いていました。 それはいつも良い取り決めであり、家族の間で問題はなく、彼らは心のこもった生活を送っていました。

同僚を助けることは婚外性交渉につながりました

みなさん、こんにちは。ケビンです。 私は専門職のエンジニアであり、この話には私の元同僚であるデビーが関わっています。 デビーは、彼女がオフィスに加わったとき、若い新婚でした。 彼女は目を落ち着かせるおっぱいとお尻で引き締まった体を持っていました。 それはチェックする価値がありました、そして、物語は私たちの婚外性交渉とセックスセッションについてです。 私たちは同じチームにいて、私は彼女より年上だったので、彼女は時々私に質問をするために私に会いに来ました。 すぐに、私たちは郵便局でもたむろし始めました。 当初、彼女は結婚生活と夫に満足していると思っていましたが、私は間違っていました。 彼女は、夫が自分の時間を与えず、彼の人生で起こったすべての悪いことについて常に彼女を非難している方法を私に話しました。

良い同僚であり友人である彼は、時々彼女を慰め、すべてが大丈夫であるという希望を彼女に与えました。

友達のお母さんとのエロい出会い

私の名前は禅です。これは私の友人のお母さんとのエロティックな出会いの実話です。 私は初めて彼女に会い、彼女に恋をしました。 他の友達と私が夜にトランプをするために集まったのは4年前のことです。 私たちはかつて、フォーウェイの近くのベンチに座って、クリケットについて話したり、ガールフレンドの名前や他の多くのことについてお互いに冗談を言ったりしていました。 ある夜、友達の一人がハリーを紹介してくれました。 ハリーは私たちより数年若かった。 その地域には彼の年齢の男の子がいなかったので。 それで彼は私たちと付き合い始めました。 退屈したらすぐに座ってチャットします。 私たちは皆、ナイトゲームをすることにしました。

友達のお母さんとの欲情とセックスの実話

やあみんな、これはアンドリューです。 私はいつも成熟した年配の女性に惹かれてきました。 私はマイアミで家族と一緒に暮らしていました。 しかし最近、大学院のためにオーランドに引っ越さなければなりませんでした。 そもそも私は23歳の男の子です。 私は平均的な見た目の男ですが、人々とはとても友好的です。 私は自分のコースから始めました、そして私は賃貸アパートに滞在していました。 家の近くに住んでいたウガーンという同級生がいました。 ですから、私たちは二人で一緒に遊んだり、ぶらぶらしたりして過ごしていました。 彼が私を彼の家で夕食に招待したとき。

誰かが恋しいときに満足する方法を見つける

私は田舎の家にいました。 離婚する前に、この場所で夫と過ごした楽しい時間を思い出しました。 しかし、離婚してから、若い男性とデートをしました。 彼らは素晴らしいエネルギーを持っていて、私のニーズに応えることができたので、彼らと一緒に私を喜ばせるのはいつも楽しかったです。 しかし、私の最近のパートナーであるジョンは町を去っていたので、私は彼の接触を逃しました。 あなたが誰かを逃したとき、あなたは自分自身を満足させる方法を見つけ続ける必要があります。

私も見てみようと思いました オンライン大人のおもちゃ店 助けを求めて。私はいくつかのものを見つけて注文しましたが、私のホルモンは適切ではありませんでした。 今夜は何かが必要だとわかっていました。

私の妻は私のセックスへの渇望を満たすことができませんでした

私はかなり角質の男でした、そして私の妻は私の性的欲求で大丈夫でした。 私たちが家にいなくても、彼は性交したいときにノーとは決して言いませんでした。 彼女は私のセックスへの渇望を理解していた。 ある時、友達のパーティーに行って、セックスしたくなった。 私は彼女を見つけ、私たちはゲストの寝室に閉じ込められました。 彼女は私が欲しいものを知っていたので話す方法がありませんでした。 私は彼女をベッドに押し込み、彼女のパンティーを引き裂いた。 私はペニスを彼女のチャンネルに押し込み、彼女とセックスし始める前に私の手のひらで彼女の口を猿轡かませた。 その夜は他人の家で犯されて暑くて汚かった。

でも最近は満足できませんでした。

オープンキッチンでおもちゃの男の子をクソ

私は40代半ばの人妻でしたが、性生活は楽しめませんでした。 私の夫はいつも忙しすぎて、しばしば出張でした。 私はセックスが必要で、最初の数年間はバイブレーターや他のおもちゃを使って通り抜けました。 しかし、私はいつもおもちゃの男の子、若い男の子とセックスして、彼が満足するまで彼に乗ることを夢見ていました。 そしてある日、機会が私のドアをノックしました。

ネットサーフィンをしていて、シュガーママのウェブサイトの広告を見ました。 私はそれをクリックして、それが小さな子供たちが甘いママを見つけることを可能にするのを見ました。 今、アイデアがクリックされ、私はすぐにサインアップして自分のためのシュガーベイビーを見つけました。 私にはお金があり、喜びのために男の子を引き離すのに十分でした。

誰かが私の申し込みを受け入れたという通知をサイトから受け取ったのは午前12時でした。

私の性的欲求を満たすパートナーを見つけました。

女性にとって、私の性的欲求を満たす人と、私の子供たちの偉大な父親になる人とを決めるのは難しいことがよくあります。 私は子供が大好きですが、最近、私の性生活はそれほどエキサイティングではありません。 子供たちが昼食をとっていた日曜日の昼食後も同じ宣教師でした。 そして、私は欲求不満でした。

ある日、私は人々が純粋に物理的な必要性のためだけに行くであろういくつかの出会い系サイトについて読みました。 私は用心深い女王だったので、それについては考えていませんでしたが、どれだけ多くの女性が彼らを通して充実感を見つけたかについて読み続けました。 彼らは、彼らの伝統的な関係では見つけることができなかった性的な慰めを見つけました。 私は正気であるために私の人生の喜びを必要としていました、そしてその瞬間、私はサインアップすることに決めました。

最初のいくつかのプロファイルは、正直言って不気味で、私はあきらめたくなりました。 しかし、それから私はサムを見つけました。

結婚式で出会った妻の友達との冒険。

私は45歳で、私の名前はフアンです。 私の妻は社交界の名士です。 彼女にはたくさんの友達がいるので、いつもさまざまな結婚式やパーティーに招待されています。 私は仕事で長い一日を過ごした後、家にいるのが好きな人です。 今回、彼女は私に彼女との結婚式に出席することを強制しましたが。 仕事から早く帰ってきたので受け入れました。 これが私の妻の友人との関係に変わることを私はほとんど知りませんでした。

私は結婚式に行きました、そして私の妻は私を彼女のすべての友人に紹介しました。 彼の友人の一人が私を驚かせた。 名前はシーラでした。