高校の私の成熟した先生との愛

教育には人生を変える力があります。 それは社会の認識を変え、進化にもっと適応できるようにすることができます。 進化は肉体的であるだけでなく精神的でもあります。 それは私たちを自然が何世代にもわたって提供しなければならないものに対してより受け入れやすくします。 これは、関係に細かく反映することができます。 カップル間の大きな年齢差がタブーだった時代は終わりました。 今日、それはトレンドです。 人々は彼らの魂と特徴のために、しかしお金のために年上の男性と恋に落ちます。 私は成熟した先生に恋をしています。

私は18歳で、42歳の男性が大好きです。彼は高校の私の先生です。 彼は歴史を教えており、私はいつもそれが魅力的だと感じました。 より良い明日のための英雄的な過去。 彼はいつもクラスで最も熱心な生徒でした。 詳細を学び、主題を習得するために必要なものを提供するための好奇心。 彼はいつもジャクソンさんに放課後の授業を頼み、微妙に断りました。 ジャクソンさんはほぼ50歳でした。 私は午後5時の無精ひげで塩とコショウの髪をしていました。 彼はいつも彼の子犬の犬の目を強化する暗い眼鏡とのこぎりで切った顎を身に着けていました。 放課後のセッションを私に与えるように彼を誘惑するために何度も試みた後、私はあきらめて、私の親友のジェシカと彼への恋愛について話し合った。 ジェシカは、男の心の鍵は彼の足の間にあると私に言いました。 だからここにいたのは、学校に行くために最も露出度の高い服を着ていた。 仲間からの集中的な一日を楽しんだ後、私は先生のところまで歩いて行き、お辞儀をしました。

空いている教室で、彼は私たちの論文を訂正している間、彼の眼鏡を通して私を見ました。 彼は椅子から起き上がり、ドアの内側からドアを閉めました。 彼は私に近づき、私を腰で持ち上げて机の上に座った。 彼は、「あなたは時々私の愛する学生にかなり頑固ではありませんか、あなたは罰を受けるに値します」と言いました。 彼は私のスカートを持ち上げ、ズボンのボタンを外しました。 彼は私の足を広げて、私の中に彼の堅い雄鶏を入れました。 私は身を乗り出した。 彼は片方の手で私の長い髪を引っ張り、もう片方の手で私の腰を絞った。 私の先生は私を激しく犯した。 私は机から降りてシャツのボタンを外しました。 おっぱいを舐めたりクリトリスを触ったりして彼をからかった。 彼は私をじっと見つめ、一生懸命押しました。 彼は私を振り返り、私の顔を机に押し付けた。 彼は後ろから私に入って、私を激しく犯した。

それから彼は、誰も私にしたことがないような面白いことをしました。 彼は私の肛門をスカートで覆い、舌を下ろして私の汁を飲み込んだ。 彼は私をなめている間私に触れました。 私が来た。 これは彼をより深く掘り下げるように誘った。 彼は来るまで定期的に私をポンプでくみ上げました、そしてそれは私を私の成熟した先生と恋に落ちさせます。

これは1年以上の間私たちの儀式でした。 放課後の金曜日の先生との歴史セッションを楽しみにしています。 彼は私の仕事での私のパフォーマンスを評価し、私は通常Aを取得すると言うことを誇りに思います。私はよく彼になぜA +を取得しないのかと尋ね、彼は完璧な人間はいないと答えます。 私たちは皆、改善の余地があります。 その夜、私はコートを着て彼女の玄関先に着陸し、その下には何もありませんでした。 ベルを鳴らして開けました。 彼は驚いたようだった。 彼はバックグラウンドで彼の妻と子供たちの声を聞くことができました。 私は微笑んで彼を愛していると言った。 それで、コートを開けて体を見せました。 私の完璧な体を見て、私は大変でした。 彼は私にガレージで待つように頼んだ。 私たちは一緒に素晴らしい時間を過ごしました。 そのテストでA+を取得しました。

Leave a Comment