性的に活発になった夜

私は18歳で、まだ処女でした。 私にはガールフレンドがいましたが、何もできなかったので、彼女は私を置き去りにしました。私はかなり怒っていました。 暑く感じたことは一度もないというわけではありません。 そして、他のティーンエイジャーのように、私は自分の手を使って自分自身を解放します。 しかし、女の子に関して言えば、私はどうなるかわかりません。 心拍数が上がり、緊張してペニスが上がらなくなりました。 私はこの問題にできるだけ早く対処し、 性的に活発

ある夜、私はオンラインにアクセスして、セックスチャットとカムチャットを提供するWebサイトを検索しました。 多分それらは私の問題で私を助けるでしょう。 セクシーな女性に会って交流できれば、緊張を解消できるかもしれません。 セクシーな女性の写真が展示されているのを見て、サイトを閲覧していました。 覆われているものもあれば、胸が露出しているものもあります。 それらのヌードを見て、私のペニスは注目を集めました。 しかし、彼は実際に誰かを見たときにまだ立っているかどうか不安でした。

少し検討した結果、先に進むことにしました。 本物の女性を見ると、戦いや逃走の本能が引き起こされます。 どうなるか見たかった。 クリックしました ライブセックスカム ジョーダンに会うオプション、それが彼の名前でした。 彼女はとてもセクシーで、パブリックチャットルームでセクシーなダンスを披露していました。 彼女はレースのブラとひもを着て、私たちに見せびらかしていた。 私は彼女を見て汚いことをしたかったのですが、私のチンポは固くなっていました。 10代の頃、私はあまりモチベーションを必要としませんでした。これで十分でしょう。 しかし、私は彼に公共の部屋で何かを頼むのが恥ずかしかった。 それで、私は30分のプライベートカムセッションにいくらかのお金を払いました。

彼はパブリックルームからログアウトし、私たちは両方ともプライベートチャットに入りました。 今回は乳首にニプレスをして巨大なおっぱいを披露。 彼女が私を見て、私に彼女の胸を揺らしながら、私は私の唇をなめました。 何か言いたいですか? 彼女は尋ねた。 「私は…セックスしたい」と私はどもりました。 「うーん…それなら私が言うようにやる」と彼女は言った。 その30分、彼女は私に何をすべきかを教えてくれました、そして私のコックは失望しませんでした。 何かがカチッと音を立てて変わったかのようでした。 そのセッションの後、私は眠ることができず、ジョーダンの声を思い出して私は性的に活発になりました。 私はガールフレンドが欲しかったし、性交したかった。 それで、私はテキストを送ってそこに運転しました。

彼女の両親は夜家にいなかったので、運は私と一緒でした。 私はすぐに彼の部屋に行き、ボクサーだけを着たまま服を脱ぎました。 彼女は驚いて笑い始めた。 「笑い?お見せします」と言って突進し、唇を抱きしめてキスをし、ペニスが膨らんだ。これは以前からあったことで、服を脱がなければならないときに本当の試練がやってくる。彼女の胸は小さくて丸く、ジョーダンのものとは非常に異なっていました。私は角質でした。私は彼女の胸に触れて押しました。私は彼女をベッドに押し込み、彼女の乳首の1つを私の口に入れました。私は彼女のおっぱいに触れ続けたかったのです。私の陰茎は収縮しなかったか、緊張の兆候がありました。彼のうめき声は励みになり、私はしたかった 私の処女を失う

「そこでキスして欲しいの?」 私は彼女のパンティーに触れて尋ねます。 私は誰に対してもオーラルセックスをしたことはありませんでしたが、ジョーダンは私に何をしてほしいかを説明し、鮮やかな写真をくれました。 彼は彼女が言ったことを思い出してそれをするつもりだった。 彼女は期待してうなずき、彼が彼女のパンティーを下げるのを見ていた。 それは滑らかできれいで、私は彼女の垂直の唇にキスをしました。 私は彼女にキスをするようにもっと激しくキスした後、舌を押し出しました。 彼女は濡れていたので、私は彼女のクリトリスをよく見るためにそれらのひだを分けました。 私はその上に指を走らせ、彼女は震えました。 こすって少し押しました。 それから私はそれをこすり始め、それを押したり引いたりしました。

口を近づけて何度も舐めました。 それから私はそれを吸い、彼女をジャンプさせました。 彼は彼女のうめき声を聞き、液体が彼女から噴出するのを感じることができました。 それで、私は立ち止まってショーツを下ろしました。 私はコンドームをつけて彼女の上に横になりました。 私は彼女の興奮を見て微笑んで彼女の口にキスをした。 私は身を乗り出して、彼女の滑りやすいひだに私のコックをこすりつけました。 彼はまだ固くて彼女のオマンコに侵入したかった。 彼女は足を広げて私のコックを彼女の入り口に案内した。 「プッシュするだけで大​​丈夫だ」と私がうなずいたとき、彼は私に言った。 私は一挙にプッシュしました。 彼女はうなり声を上げ、私は中にいました。

今までにない喜びを感じていました。 彼女のオマンコは私のチンポを圧迫し、私の周りをドキドキしました。 それから私はもっと長く持ちこたえることができて動き始めました。 出入り、出入り、私は彼女に移動して押し込みました。 彼女の胸は私をこすり、私を熱くしました。 彼は彼女をどんどん激しくセックスしていて、ベッドは私たちの動きで揺れていました。 もう快楽が取れなくなったのでうめき声を上げて来ました。 コンドームは私の精液でいっぱいでした、そしてそれは私が本当に性的に活発であるというサインでした。

私のガールフレンドは幸せでした、それは彼女の顔に現れました。 私は夜を過ごし、満足して眠りました。 その夜、私は性的に活発になり、ガールフレンドも喜んだ。 私は自分自身をとても誇りに思っていました、そして今、私はもう我慢しません。

Leave a Comment