忘れられない誘惑の夜:本物のセックスカム

サバンナはとても明るい学生で、素敵な女の子です。 彼女は9年生から彼氏がいて、高校を卒業した後、夢を叶える準備ができています。 彼女はニューヨークで勉強する機会があり、ニューヨークに行って人生の新しい章を始めることに興奮しています。 彼女は彼女の新しいルームメイトと彼女の大学教育をサポートするためのカムガールである彼女の寮に落ち着きます。 彼が誘惑の最高の夜に直面する前に。

サバンナは、ルームメイトのおかげで、さまざまな性的欲求について多くのことを知るようになります。 彼女は処女です、彼女は人生でこれまでにそれらのいずれかを経験したことがありません。 それからある夜、彼女の友人は彼女をパーティーに連れて行き、そこで彼女は暗くてセクシーで神秘的な少年、ハーディンに会いました。 真実とあえてのゲームで、彼女の友人はハーディンにキスすることをあえてしますが、彼女は彼にキスすることを拒否し、パーティーを使い果たします。 彼女のルームメイトであるテッサは、彼女に新しい可能性を開き、彼女の性格の反対側を探求するように頼みます。

彼女はカムガールサイトで自分のプロフィールを作成し、カムガールを体験するように依頼します。 相互オナニーを楽しむオンラインビデオチャット 見知らぬ人と。 彼女はほとんど知りません。 サバンナとハーディンはその場所で再び会い、サバンナは彼に惹かれるようになります。 ハーディンはそのシンプルさと無邪気さが好きです。 彼らは彼の好きな場所で会うことを決心し、サバンナは彼と親密で個人的な関係を築く機会を得ます。 彼女は彼が好きになり始め、彼のガールフレンドになりたいと思っています。

彼らは、裏庭の厚い森と美しい川に囲まれた人里離れた場所にあるハーディンの小屋を訪れます。 夜遅く、サバンナは何かを探して台所にいて、ハーディンはそのかわいいピンクのドレスを着た彼女を見て、彼女のところに行って彼女を腕に抱きたいと思っています。 それで、彼は彼女のところへ歩いて行き、彼の下半分を彼女に押し付けることによって彼女を自分自身に引き寄せます。 彼は彼女の髪を優しく撫で、彼女の頭を傾けて彼を見ます。 彼は彼女の甘美な唇にキスをし、彼女の肌を感じながらゆっくりと彼女の顔に鼻を引きずります。 彼女は彼らの息を感じることができ、部屋は彼らの鼓動の音で満たされます。 彼は彼女を二階の自分の部屋に導き、彼女が入ると、彼は手を彼女の胴体に下ろし、彼女を彼の方へ案内します。 真の誘惑の夜が始まり、彼はそれを楽しんでいました。

彼は彼女の髪を後ろから撫で、彼女の胸の谷間にキスをします。 彼は指で彼女の肩にそっと触れ、彼女の体を震わせ、彼はゆっくりと彼女のパンストの中に手を滑らせた。 彼は彼女の耳にキスをし、彼が彼女に対して彼の勃起を動かすとき、彼女が彼を固くすることをつぶやきます。 彼は彼女のドレスを脱いで彼女をブラだけに残し、彼女のシャツのボタンも外します。 彼は彼女を迎えに行き、彼女をベッドに置き、彼女の美しいおっぱいにキスを始めます。 彼女はゆっくりとブラからそれらを引き出し、彼女の口にそれらを吸い込みます。 彼はそれらを優しく押して彼女をそっとうめき声を上げ、もう一方の手で彼女のクリトリスの皮膚に触れます。 それから彼は彼女の足でひざまずき、唇を彼女の内腿に押し付け、彼女のクリトリスを指で優しくマッサージします。 彼は彼女のクリトリスを舌でからかい、それに柔らかいキスを押し付けます。 サバンナはハーディンが彼女の猫にうめき声を上げ、彼女の顔をより深く突き刺し、彼の舌を彼女の奥深くに動かし続けるとうめき声を上げます。 彼は彼女を数回射精させ、それから彼女を拾い上げて壁に立てかけます。

ハーディンのチンポが固まり、ズボンを下ろし、サバンナのブラジャーとパンティーを外し、ボンバーを彼女の中に押し込みます。 彼は壁に激しく彼女をファックし続けて、彼の雄鶏の至る所で彼女を絶頂させます。 彼は彼女の体を通して大きなうめき声と緊張のコースで彼女の中に自分自身を解放します。 その後、サバンナとハーディンは残りの夜を一緒に過ごし、お互いを知り、お互いへの愛を公言します。 彼らの物語は、見知らぬ人として一緒に自慰行為をするというアイデアから始まり、今ではお互いの腕に物理的に存在し、誘惑とセックスの最高の夜を過ごしました。

Leave a Comment