就職の面接で驚愕の性体験

忠誠心はあらゆる関係の基盤です。 あなたのパートナーとあなたが働く場所かどうか。 私は10年以上会社に忠実であり、今でもアシスタントマネージャーとして働いています。 ルーキーは私の上司としてチームに加わり、彼らが得るあらゆる機会に私をいじめようとします。 この組織で10年間過ごした後、私はプレゼンテーションのためではなく、先輩のために作ったコーヒーのおかげで、会議室のハイライトになりました。 彼らはカップを床に落とし、私がそれを拾うのを待つ機会を決して逃さないので、彼らは私のおっぱいやお尻を見ることができます。 私は多くの素晴らしい性的経験をしましたが、私が書いていることを大切にしているものがあります。

曲がりくねった体で生まれたら仕方ない。 私はサイズ38DD、ウエスト28です。新しい仕事を探していて、たくさんの面接をしました。 最近、広告代理店に行きました。 広告代理店で働くことは、私の退屈な在宅勤務のルーチンを大幅に改善することになることを私は知っていました。 彼も気付いていたのは、不快な労働時間でした。 ミスレーンは午後7時30分にインタビューを求めて私に電話をしました。 ベージュのコートとハイヒールを履いたラッキーな栗色のスケータードレスを着て、7時30分にシャープに足を踏み入れました。 私は自分が強く見えることを知っていました。 私は自分の性格に真剣さを与えるために、厚い黒い眼鏡を追加する努力さえしました。 ミスレーンに会いました。

ミスレーンは広い笑顔で私に挨拶した。 彼女は40代の女性で、「私は女性が大好きです、今あなたをファックします」というセリフが付いたバニヤンが付いた破れたブルージーンズを履いていました。 彼は私にリラックスしてバーボンを一杯注ぐように頼んだ。 彼女はとてもかっこいいと思いました。 それから、彼は私の椅子の隣の机に座って、私の膝の上に指を走らせました。 彼は私をじっと見つめ、「エレン、あなたはとても魅力的だと思いますが、あなたのような候補者はたくさんいます。 それで、あなたは私にこの仕事をさせるために何をするつもりですか? 私はすぐに席の端に座って、「レーンさん、あなたのために何でもします」と言いました。

ミスレーンは振り返ってブラウスを脱いだ。彼女は下に何も着ていなかった。 彼女ははつらつとしたおっぱいと穴の開いたへそを持っていました。 私は立ち上がっていつものように警戒し、唾液を深く飲み込んだ。 私はその時、これが私の夢の仕事に着手するチャンスであることを知っていました。 ストライプを作り始めました。 私はコートを脱いでドレスのボタンを外しました。 下にレースを履きました。 ミスレーンがやってきた。 彼は私を肩に乗せてソファに座らせた。 彼は私の隣のソファに座って、私にキスをし始めました。 彼の手は私の胸を優しく握り締め、私のブラの中にその道を見つけました。 おっぱいが出てきました。 彼は私に座って私の胸を舐め始めました。

彼は両手でそれらを保持し、彼の広い口でそれらを飲み込もうとしました。 私は非常に興奮し、文字通りパンティーから滴り落ちました。 彼はひざまずいて私のパンストを嗅いだ。 彼女は笑い、私は恥ずかしかった。 彼はそれを脇に置き、私のクリトリスを舌の先でくすぐった。 彼の指が私の膣に入った。 彼の親指は同時に私の肛門を愛撫していた。 私はそのソファで魚のように身をよじった。 彼女は私のクリトリスを吸い、指で私を深くポンプでくみ上げました。 私は彼女の口に入った。

彼は起き上がって口を拭いた。 それから彼は私が聞きたくてたまらなかったことを言いました:「私はあなたの味と もっとたくさん欲しいです」。 仕事は素晴らしくなり、私が経験した驚くべき性的経験は最高のものの1つでした。

Leave a Comment